4

カテゴリ:
1
タイタンの戦い
価格:230円
体験版:無料 
サイズ:18.5 MB
言語: 日本語、中国語、英語
コメント:神話的キャラが登場する横スクロールのRTS。操作性は難ありですが、なかなかおもしろいのでおすすめです。


最初見たときは、うへー、なんとなく見た目は気になるけどつまらないんだろうなあ、と
ちょっと期待せずにやってみたら、意外や意外、結構おもしろかったのでご紹介。

 「タイタンの戦い」といえばちょっと前に映画版(車田正美とコラボしたことで有名、なはず)もありましたが、それとは全然関連がありません。あしからず。

製作したのは「欧陸戦争」というサイコロを使ったシミレーションを出している「EASY Inc.」です。
SLG好きには結構人気があるゲームですよ。
先にこれを知っていればちょっとは見る目も変わったんですけどね。

一応日本語化されていますが、肝心のチュートリアルが日本語化されていないという難点もあり、ゲームを満喫出来ていない方もいらしゃるようですが、そこをクリアするとかなり楽しめる作品でした。

多彩なキャラクターが登場し、適度な戦略性やユニットの成長(レベル上げ)があり、なおかつ敵を金で仲間しながら進むという、美味しい要素の詰まった作品です。

ちなみに30分~1時間くらいがんばればイージーモードをクリアできます!

IMG_0347
IMG_0352

まず5人編成のユニットが割り当てられています。

主人公ペルセウス(攻撃主体)、弓使いピロクテテス、攻撃型の戦士ドラコ、攻撃系魔術師イオ、回復系魔術師(僧侶?)アンドロメダです。
後ほど触れますが、仲間(時には敵を買収)がどんどん増えていくのが今作の楽しみですかね。

↓ 最初はこのメンバーでスタート。最初は主人公は歩き。途中から馬に乗ってます。
IMG_0351

あと、最初に難点を言ってしまいますが・・・、操作性がちょっと悪いです。
悪いといっても慣れてくるとこれもゲームの特徴か・・・で済ますことができるレベルですが、最初は少しイライラすること確実です。

というのも、ユニットがすべてまとめて動く仕様になっているため、個別に動かしたい、動かしたくない、をタップして選択しながら操作する必要があります。

配置換えをしたい場合、動かしたくないユニットをタップして(色が暗くなる)、タップしていない動くユニットの場所をずらし、その後、1ユニットづつタップを繰り返して微調整という面倒な作業になります(もしくは逆)

↓ こんな人数になってくると個別に動かすのは面倒!
IMG_0346

誤って動かしたくないユニットを動かすことが多々あり、それなら戦術無視で配置は固定だ!という気分になってしまい、ちょっとゲームの大事な部分を損なってしまうことになります。。
戦闘時も間違って後列が前に飛び出たりして、なかなかはがゆいです。

とまあ、操作性は難ありですが、ゲームはなかなかおもしろいです。


↓ ステージ2の最初はいきなり大群!でも弱いっ
IMG_0343

横スクロールのシュミレーションで、こちらが1歩動くと相手も1歩動くターン性となっています。

前述のようにこちらはある程度動かしたいユニットを選択できますが、相手は全ユニットが一気に動きます。
さらに敵は主人公に寄ってくる設定になっているようなので、主人公が上に行けば、相手もどかっとまとめて上に動き出します。

主人公が死ぬとそこでゲームオーバーなので、主人公の後ろ近辺には回復系のユニットを置くことをおすすめします。

↓ 左下の仲間が広範囲攻撃で結構がんばってくれます
IMG_0345

なお、攻撃はすべて自動で行ってくれます。
回復も自動で行なってくれるので、自然と配置は前列に攻撃系、後列に遠隔攻撃系+回復系という風になるかと思います。

そしてこのゲームの醍醐味は敵を仲間にできることでしょう。

時々唐突に仲間がポツンといて、メンバーに参加してくれることがありますが、それ以外はお金を支払って敵を寝返らせるという、正義側にはあるまじき行為で仲間を増やしていけます

資金となるお金は敵ユニットを倒すことで調達しますが、強さによってもらえるお金が違うようです。

↓ 序盤で仲間になる彼は沼のほとりで一人ポツンと待っています。さみしい
IMG_0342

なお、強いユニットほど買収にお金がかかるので、どのユニットを仲間にするかが重要となります。
序盤にでてくる敵は無視して殺しまくりましょう。

ステージ1では馬に乗っているユニット「DARK RIDER」が強いので、このユニットを仲間にするのがおすすめです。

↓ COSTを満たしていれば「PURCHASE」を押すことで仲間になります。こいつは早めに仲間にしてレベルを上げたい
IMG_0350

奇をてらって「ワニの大群」とか、「サソリ祭り」とかでもいいですけどね・・・。

これもこのゲームの醍醐味(?)です。

↓ ワニを引き連れたペルセウス。ヘビ、サソリもいけます
IMG_0349

なお、既存の仲間が死んでしまった場合、次のステージに行っても復活しませんので(生き残ったユニットはステージが進んでも引き継がれます)、気に入っている仲間や回復系のユニットは、できるだけ死なないように気をつけましょう

とはいえ、ノーマルランクでもうまく進めないと結構死んでしまいます・・・。

意外に弓系の敵は素早く接近しないとHPが低い仲間は瞬殺される可能性があります(HPの高いユニットだけ選抜して接近戦を挑むのがベター!)

↓ ボスはそんなに強くない、はず。
1

その辺もイージーだと割と楽にいけるので、まずはイージーから順番に進めることをおすすめします。

ボスもステージ中盤にも適度に登場し、その都度地味に背景画像が変わったりしてメリハリのある感じで進めることができます。

↓  ボスのメディーサ。
IMG_0348

ステージが4つしかないのが残念ですが、仲間ユニットが死ぬとすぐリセットしたい気分に陥るので、まあこのぐらい短い方が良いのかもしれません。

似たものが意外にない、おもしろいゲームだなあと。
地味におすすめです。


1
2

230円

タイタンの戦い Lite
5
無料 

【これも好きかも・・・】

paladog! 
コメント:動物+中世風のライン型RTS。ゲームバランスは最強に優れた秀作。おすすめ。
価格:230円 (無料版あり)
6

Dark Lords Medieval Warfare
コメント: 中世風の人間対魔族のライン型RTS。これまた激しくおすすめ。
価格:無料
6

Doodle Wars 3: The Last Battle
コメント:棒人間の中世風ファンタジックRTS。なんといっても隊列を組んで戦闘ができるのが今作のウリ。
価格:230
1

Legendary Wars
コメント:横型のRTS+RPGな防衛ゲーム。ちょっと忙しいですが、なかなかおもしろいです。
価格:115円
2

Fruits Island : Begins
コメント:虫対フルーツの攻防という、わかるようなわからないような設定のライン型RTS。オーソドックなシステムながら、この手のが好きな方は楽しめると思います。
価格:115円
5

Battleground
コメント:強化ユニットが呼び出せたりゲームシステムはFruits Islandとほぼ一緒!こちらは空中がない分、地上が3ライン。こちらのほうがキャラの成長要素が多くて、そこがおもしろいです。
価格:230円 (無料版あり)
1

Leave Devil alone
コメント:上記Battlegroundと同じメーカーの防衛ゲーム。こっちはPlants vs. Zombies型ですが、登場するキャラは上記とほぼ一緒!
価格:230円 (無料版あり)
3