3

カテゴリ:
1
Plus ou Moins
価格:115円→無料 (2011/5/19時点)
サイズ:7.4 MB
言語: フランス語、英語
コメント:ちょっとかわいげな、交互に数字を選んで得点を競うゲーム。簡単なので空いてる時間にプレイするにはおすすめ。



互いに数字を選んでいって、最終的に合計が大きい方が勝ち。
そんな競争ゲームPlus ou Moinsをご紹介します。

ちょっとかわいらしげなデザインは、どうやらフランスの製作チームのようですね。
全体的にオシャレな雰囲気に仕上がっています。

なんというカテゴリーが良いのかわからず・・・、「数字パズル」というよくわからないカテゴリーを作ってしまいました。
他にあるんでしょうか?

中身は数独みたいに空いている時間に簡単にできて、適度に戦略もあっておもしろかったです。

IMG_0358
IMG_0353

ゲームを始めたら交互に数字を選択していきます。

↓ アイコンに色が付いている方が先行になります。
IMG_0354

キャラクターは自分で画像を貼り付けたりして作成もできるのですが、設定していない場合はSparkleという少年とPrecieuxという犬の対戦となります。

犬、かわええ。

自分が先行だった場合、とりあえず大きな数字を選んでみましょう。
上の画面だと「80」が一番大きい数字なので、まずはそれを。

↓ 選ぶとこうなります。次は犬の順番。
IMG_0355
数字を選ぶと選んだ数字が自分の得点になります。

わーい、80点!

次に相手の順番になります。

相手は自分の選んだ数字と同じライン上の数字しか選ぶことができません。縦列から選ぶことになります。
上の画面みたいな感じで、色のついたところからしか選べません。

相手も高い数字を選んでくるはず。
「21」ですかね。

↓ やはり21を選んできました。
IMG_0356

すると今度は相手が選んだ数字から90度回転して、横列から選ぶことになります。

上の感じです。
「24」を選びますかね。

その次は、こちらが選んだ数字に対して90度回転した縦列を相手が選びます。

IMG_0357
これを繰り返して、最終的に盤全面の数字を取り合い、得点の高い方が勝ちとなります。
途中でどちらかが選択できる数字がなくなったタイミングでもそこまでの得点で勝敗が決まります。

なんだか新しい感じのゲームですよね。
(ワタシが知らないだけですがっ)


大きい数字を取り続けていればいいじゃないのかえ?

とお思いかと思いますが、実は時にはマイナスを自ら取ったりしたほうが最終的には勝てたりします。

↓ 具体的にはこういう時ですね。
IMG_0359
プラスの数字では「1」と「6」が選べるのですがここでは「6」を選ばずに「1」を選んだほうが得です。

なぜかというと1を選ぶと次の相手のターンでは必然的に「-93」しか選べなくなるからです。

↓ ざまあみろっ!犬っころめ。
IMG_0360

コツとしては、常に次のターンで相手が選ぶことになる列を確認してから自分の数字を選ぶこと。
常に次に選ぶであろう相手の数字よりも大きい数字をとるようにしていけば、安心です。

また、後半はマイナスの方が多く残ってくるので、いかに少ないマイナスですむようにするかが重要になります。
大きなマイナスは致命的になるので、あの数字だけは取りたくない!というのを先に見つけて、そこをうまく相手にとらすようにしむけるのもゲームに醍醐味かと。

地味に戦略も必要なところが良いところですかね。

ハードでやっても結構簡単なところは残念ですが、なかなか楽しめました。

1
2

115円 → 無料

※価格は記事投稿時点の金額です。購入前にiTunesストアでご確認ください。