4

カテゴリ:
1
mau mau

価格:115円→無料 (2011/5/31時点)
サイズ:7.4 MB
言語: 英語、ドイツ語
コメント:UNOの元となったトランプゲーム。ゲームのUI、操作性が優れており、プレイしていて気持ちの良い作品です。

 

mau mauこと「クレイジーエイト」はUNOの元になったゲーム

トランプを2セット用意するとできるゲームで、UNOがない場合にトランプで擬似UNOができ、「じつはUNOの元になったゲームなんだぜえ」と自慢(?)もできるゲームです。

そういうUNOはアメリカのオハイオ州で理髪店を営んでいたマール・ロビンス氏が考案したもので、2011年で誕生40周年だそうです(豆知識)

「アメリカンページワン」もほぼ一緒ですが、こちらとも多少ル-ルが異なります。

ゲームロフトのUNOはローカルルールを多様していて「こんなのUNOじゃない!」と思うほどちょっと困ったルールのときもあるのですが、今作はよりシンプルで、ルールを覚えてしまうとUIも含めて操作性が気持ちよかったりするなかなかの仕上がりです。

2

IMG_0522

ゲーム内容はUNOをそのまま想像してもらえれば良いかと。

元々クレイジーエイトもローカルルールが多いので、今作も今作用のルールと思っていただいたほうが良いかもしれません。

↓ タイトルで選べるのはこんな感じ。オンライン系も充実しています。
1

このゲームでは3人対戦で、順番にカードを出していきます。

↓ ゲーム画面はこんな感じ。「New Game」を選んで山札をタップするとカードが配られます。
IMG_0523

カードの出し方は同じ数字か同じマークのカードをだします。
出せなければ山札から追加カードを取ります。
これはUNOとまったく同じですね。

↓ 出せるカードがひょこっと持ち上がります。右の羽見たいのは「現在は左回り」という印。
IMG_0521

特殊なカードは以下。

   A  :もう1枚出せる
   7  :ドロー2 
8  :スキップ
9 :リバース
J :ワイルド

「A」の「もう1枚だせる」というのはUNOにはないですかね。

↓ この状態だと「A(クラブ)」「A(ダイヤ)」が連続で出せます。
3

あと、「7」のドロー2は前の人が「7」を出した際に、自分も「7」を持っていれば重ねて出して次の人に4枚取らせることも可能です。

もちろん手札を出し切った人が勝ち。
「UNO」みたいなコールはなし。
ちなみにUNOは「あと一枚」という意味らしいです(豆知識2)

ルールは以上ですが、マルチプレイヤーやGameCenterでのオンライン対戦もあり、オンライン関連もなかなか充実しています。

シングルプレイでの敵の強さは3段階で調整可能なので、もちろん一人でも。楽しめます。
ただし、単戦なので、勝ち続けるとなにかあるとか、そういったものがないのがちょっと残念。

↓ 「J」のワイルドを出すと、マークの指定が可能。こういったところの動きが非常に良いです。
IMG_0526

このゲームはなにより、ゲームをやっていてその操作性がすごく気持ちが良い。

カードの質感も非常に良いです。

極力余分なものを排除しているせいか、見た目やできることはすごくシンプルですが、全体的なデザインや動きが非常に心地よい作品です。

ほかのカードゲームも出して欲しいぐらいの良品でした。 
おすすめ。

11

115円→無料


※表示価格は記事掲載時のものとなります。正しい価格に関しましてはiTunes Storeでご確認ください。


【これも好きかも・・・】

UNO
コメント:UNOです。それ以上でもそれ以下でもありません。普通におもしろいです。
価格:600円
1

HKard
コメント:これもトランプでやるUNOみたいですね。ちょっとまだ試せてません。デザインは悪くないかも。
価格:無料
2

Free Speed (aka Spit)
 コメント:こちらはスピード。GREEからも似たものが発売されています。見た感じUIはあまり良くなさそう。
価格:無料
3