4

カテゴリ:
1Geomelix
価格:無料
サイズ:11.3MB
言語:日本語、英語


CubeSiegerを製作したプログラマーさんと同じ方がUnityを使って作られたアクションパズルゲームGeomelixが公開されています。
3Dグラフィックの多面体を使ったTouch the Numbersという感じです。

販売元はMIKADO WORKSで、個人の方の第1弾リリース。

とても2名で作られたとは思えないクオリティの高さで、ただグリグリ多面体を回転させて順番に数字をタップするだけなのですが、その操作感が気持ち良い作品に仕上がっています。

IMG_2168
IMG_2167

MIKADO WORKSさんのサイトにも記載があるように
「誰もがすぐにルールを理解し、片手で気軽にプレイできることをコンセプトに開発したアクションパズルゲーム」だそうです。

確かにルールも簡単、誰でも気軽にプレイできる内容に仕上がっています。
数字をタップした時とか、多面体を回転させたときの操作性がなにより気持ち良いんですよね。
そこがこのゲームの一番良いところだと思います。

1


必要なのは周辺視野と記憶力

プレイできる多面体は、6面体、8面体、12面体の3種類です。
20面体、32面体はアプリ内課金でそれぞれ85円で追加可能です。
もちろん面数が多くなればなるほど、難易度があがるので、32面は結構な難易度です。

10

モードは2種類で、ノーマルモードではゴールとなる数字をタップするまでの時間を競います。
サバイバルモードは、残り時間が0になるまでの間にいくつまで数字をタップできるかを競います。

↓ サバイバルモードはコンボがでておもしろい。
9

正直、こういう記憶力や反射神経系は(プレイするのが)苦手なのですが・・・、ゲームとしてはシンプルで、ついついやってしまう魅力があります。

競技者が増えてくるとタイムを競う感じになって俄然おもしろくなるかと思います。
シンプルながらなかなか白熱するアクションパズルゲームです。


11

価格:無料



【これも好きかも・・・】

CubeSieger
コメント:コマとキューブを使ったボードゲーム。UIが良くできており、ストレスなく遊べる。
価格:170円
6

Touch the Numbers
コメント:Gacktがうまいことでも有名な周辺視野、記憶力ゲーム。
価格:無料
11