カテゴリ:
アメリカ人の考えることは時によくわからん。

今作は「映画製作シミュレーション」なのだが、どこがどうして映画が作られてどうやって完成したのかさっぱりわからんゲームである。でも映画製作がメインのゲームである。

そんなアイコンが恐怖な謎アプリ「Pixely People Making Movies」を見て、ちょっとイラッとしてみよう!

IMG_9287
映画を製作できるゲームとしては、ユニバーサルスタジオ公認の”実際の映画をモチーフにしたソーシャルゲーム”という、どこからどうみても歯が立たなそうなアプリ「Universal Tycoon」が最近でており、それと比較するとなんとも世知辛い気分になるアプリが今作です。

IMG_9263

でもピクセル画でキャストや監督を選んで自分流の映画が撮れて、観客動員数で収支を調整するゲームといわれるとなんだかおもしろそうに思えてしまう。

だまされてやってしまいましたが、実際やってみると映画のキャストを決めるまでは 「Universal Tycoon」 とほぼ同じでおもしろいんですよね。

IMG_9264

【テーマ】で宇宙モノとか、ゾンビ系、海賊モノとか決めて、【ジャンル】で、アクション、コメディとか、その辺の中身を決めます。

IMG_9265

あとは、コストの異なる役者を割り振って、最後にタイトルを決めて映画を撮るだけ。

↓ ドット絵をアップにされるとちょいツライ
IMG_9267

内容の組み合わせで映画の基本ステータスが変わり、配役により支出が決まります。
映画のパラメーターが高いほど収入に影響しますよ。

↓ ゾンビのロマンス映画ならヒットしそうでしょう
IMG_9270

ここまではなかなか盛り上がりますが 、実際の映画製作に入ると4人のキャラを4つのフロアでちょこまか動かすだけで、何をやりたいのかさっぱりわからず。

↓ いざ製作に入ると意味不明
IMG_9272

それも結構長い時間やらないといけなくて、正直しんどいっす。

時々フロアと同じ色に輝くキャラをそのフロアに誘導したりするのがポイントのようですが、まあよくわかりません。

↓ 上から2番目のフロアに黄色(オレンジ?)に輝くキャラを移動したところ。
IMG_9276

そんなこんなで映画が出来上がりますが、ポスターだけというなんとも味気ない製作物で終了です。

↓ つ、つまらなそう・・・
IMG_9279

いや、それにしてもキャラがちょっと気持ち悪い
キモかわいいとかではなく気持ち悪い

その辺もなんだかイラッとくる「海外ではちょっと話題になったけど絶対に日本ではヒットしないアプリ」でした。