タイトルが好きですねRoller Skate Roy mobile
Roller Skate "Boy"じゃないんですよ、Roller Skate Roy。Royって誰やねんって。

タイトルとアイコンで、センチメンタルなゲームかと思ったらまったくそんなことはないゲームです。
奇才「Andrew C. Bell Productions」の作品です。

独特の操作方法だったのでご紹介します。

IMG_0763
せっかくiPhoneというまったく新しいデバイスなわけですから、コンシューマー機の十字キー・コントローラーで再現できるようなゲームよりはちょっと変わった操作方法のゲームの方が興味が湧く訳です。

このゲームはちょっと変わっていて、左手で左足(左のスケートシューズ)、右手で右足をタッチ操作します。

IMG_0764

ただ指を置いてスライドさせながら障害物を避けていくだけですが、iPhoneらしいゲームだなあと。

↓ 指を交互にしないと進まないと思いきや、勝手に進みます
IMG_0765

明らかに踏んじゃダメそうな物体が落ちていたり

↓ こ、これは

IMG_0770

テクニカルなカーブがでてきます。

IMG_0768

破天荒な崖昇りゲーム「Climbing Fool mobile」を思わす胡散臭さが魅力です。

と思いながらやってたら、よく見たら同じAndrew C. Bell Productionsでした。

この操作方法はここの専売特許ですね

↓ 左手、右手、さらに左肘、右肘などを別々に操るカクカクした動きが魅力の崖昇りゲーム
Climbing_Fool_mobile-03

そして、「Climbing Fool mobile」、「Roller Skate Roy mobile」と続く、タイトルの最後に「mobile」をつけるよくわからない感性も気になります。


なお、似たようなものでは神髄というゲームが同時期に出ています。

IMG_0772

こちらは、黒いラインに指を置くとレースゲームのようにラインが左右に動きます。
なかなかスリリングで、ゲームとしてはこちらの方がおもしろいです。

「シナヤカに避けてくださいませ」という説明もなかなか好きです

IMG_0773

ただし、スクリーンショットではまったく楽しさが伝わらんです。

IMG_0774

このシンプルさはゲームの原点っぽくてそこそこおもしろい。
気になったらやってみてください。