カテゴリ:
画面を4分割。

上段はRPG風マップ(小さい!)、2段目はコメント欄、3段目はステータス表示とアクションボタン、4段目は装備品表示。

1画面にぎゅっと凝縮したてんこもり表示のみで繰り広げられる、まさに一本道RPG。 

IMG_1717
 
4つの種族、4つの職業を組み合わせて主人公を決める。

IMG_1710

唐突に冒険開始!

IMG_1711

真ん中の「Travel」ボタンを押すと、主人公が一歩前に進む。

えーと、前しか進みません

曲がったり、戻ったりは一切なし。

そして地形は主人公に合わせて、うまい具合に陸続き。

↓ 与えられたミッションのクリアを目指す。
IMG_1714

もちろんRPGなので敵が登場。

↓ 見ての通り、上部のグラフィックに敵は登場せず!
IMG_1712

テキスト部分のみで戦闘で使えるのは「fight」ボタンのみ

強制的な戦闘はタップのみで淡々と進む。


だがしかし、英語のみだがテキスト部分は結構凝っている。

↓ 何が行われているかわからないが、なにかが起こっている事は確か。
IMG_1715

減ったHPは歩行時のみ自動回復、手に入れたアイテムは理不尽ながら、剣、鎧、リング、アイテム、それぞれ1つだけ持てる。

↓ 能力の高い装備に切り替ええていく。
IMG_1713

つまり真ん中のボタンだけ押していればほぼ事足りる

さらに敵に殺されてもなぜかそのままその場で復活するという、無敵付き


果たしてこの冒険に意味はあるのか。

そんな根源的なことを考えさせられる前進あるのみなRPG。