カテゴリ:
おもしろいんだか、おもしろくないんだかよくわからないけど、ついついのめりこんでしまうクラシックスタイルのローグライク3DダンジョンRPG、パスオブラビリンスのご紹介です。


見ての通り、懐かしのウィザードリースタイルのシンプルな3D。
硬派な冒険が楽しめます。

IMG_2455


コマンド入力で戦うターンベースのローグライク3DダンジョンRPG。
これは硬派っすねえ。

IMG_2447
ランダムに生成されるダンジョンに繰り返し潜り、スキルを使って強敵を倒して、レアアイテムを見つけていきます。

死ぬと冒険で手に入れたものはすべて失うなど、結構デンジャラスな仕様です。

↓ 全体的に薄暗くて、すぐ道を間違える・・。
IMG_2448
楽しみ方は、ダンジョンの探索もありますが、やはりレアアイテムを探す事でしょう。

↓ いつも思うがなぜこんなものが落ちているのだろうか。
IMG_2458
武器、頭、体、腕、足、盾、アクセサリーに分かれており、さらに装備のレベルと「+アルファ」があるので、それらを含めるとかなりの数のアイテムが用意されています。

それらをみつけていくのが楽しいですね。

IMG_2456
あとは、レベルアップで新しいスキルを獲得していくことでしょうか。

IMG_2457
レベルアップ時にスキルを取捨選択することができ、それにより特徴あるキャラが産まれます。
強い敵などには効果的ですね。

そして、戦闘はコマンド方式

↓ 実写?のような敵キャラ。
IMG_2452
すべての装備に強度があるので、使いすぎて壊れて修復不可能にならないように気を使いながら戦います。

↓これは実写ではない。
IMG_2453

装備は街の商店で修復できます。
商店にはそのほかに装備の鑑定なども行ってくれます。

そのほか、街には教会、酒場などあり。

IMG_2446
現在のバージョンでは30Fまで公開されています。

街に戻る為の「帰還の書」、HPが自動回復する「珊瑚の指輪」あたりは冒険にかかせません。
やってみると思った以上にハードですが、はまると結構おもしろいです。
 
  【これもオススメ】